2017.07.18

廃園した幼稚園を再生! 充実の施設と保育者数で子供たち一人一人の成長に寄り添う「マリア保育園」(世田谷区 私立 認可園)

この記事のサマリ

1
2017年4月に開園した「マリア保育園」は、現地にあった幼稚園の園舎を再生利用している。
2
施設の特徴は、保育園では珍しい「大型講堂」と床面への「ノロウィルス対策塗料」の塗布。
3
「基準を上回る所属保育士数」により、きめ細やかで安定した保育が期待できる。

「東京23区の保育園情報」を調査する、パパスマイルの「見たい知りたい 新設保育園レポート」。本シリーズは本や雑誌、インターネットだけでは入手しにくい、現場への取材で得た「正確で具体的な情報」をお伝えする。

第1回は2017年4月に開園した「マリア保育園」。開園準備に大変お忙しいなか、事務長の高塚様にお話を伺った(なお、写真に工事車両・施工資材等が入っているのは、取材実施日が工事完成・引き渡し前だったことによる)。

「マリア保育園」(世田谷区 私立 認可園)

周辺環境

大通りから一本離れた場所にあり、周辺は閑静な住宅街。入口に面している道路は見通しが良く、交通量も少ないため安全と思われる。

取材に伺ったのは平日13時。ほとんど車通りはない。

アクセス

ほとんどの入園者は、自転車か徒歩で通園する予定。 なお、園内に駐輪スペースがあるため、送り迎えの際に道路で駐輪する必要がない。 これにより道路を通行する車両との接触事故や、近隣住人への迷惑を心配しなくてすむ。

駐輪スペースがあるため、落ち着いて子供を乗り降りさせられる。

セキュリティー・耐震性など

入口はオートロック・電子錠となっており、園内外に複数の監視カメラもある。 また建物は閉園した「マリア幼稚園」のものを使用しているが、国の定めた耐震基準をクリアしている。

2階からの避難用すべり台があった。

施設の特徴

同園内で園児が過ごす床には、すべてノロウィルスに対して抗菌作用を持つ塗料が塗られている(安全性は確認済みであり、保育園児が床をなめても大丈夫とのこと)。 また建物の前身が幼稚園であったため大規模な講堂があり、イベント(発表会)等で活用する予定。

園庭に面した廊下。広々としており、園児達の遊び場にもなるとのこと。
小規模な体育館としても使える講堂。グランドピアノやバスケットゴールなどもあった。
教室の内部。遊具などの整備はこれから。
世田谷の高級住宅街の中とは思えぬほど広い園庭。こちらも整備はこれから。

食事内容

保育園専門の管理栄養士が食事、おやつ等の献立を作っている。アレルギー食については保護者と話し合い、特別食で対応する。

園内に設けられた厨房施設。園児は出来立ての料理を食べることができる。

保育のスケジュール・行事など

一日のスケジュールは下記の通り。 また行事については特別なものは無く、ひな祭り、七夕など一般的な季節の行事を行う。

7時30分:登園受付開始
9時30分:各クラスに分かれて保育開始(お茶、散歩など)
12時00分:昼食、昼寝
15時00分:昼寝終了。おやつ、お絵描き、歌、読書、外遊びなど
17時00分:保護者によるお迎え開始
18時30分:保育時間終了
20時30分:延長保育時間終了
※延長保育の場合、事前の連絡により18時30分頃に夕食が出る

運営方針・理念

保育業界全体の保育方法が、従来の「『○○してはいけません』という接し方」から、「保育士が子供目線で接する」ものに切り替わっているとのこと。同園の保育方法も同様で、たとえば「ご飯を食べたがらない園児」に対して、強制的に食べさせるのではなく、「なぜ食べたがらないのか」「なにか理由があるに違いない」といったことを汲み取って接するような「子供に寄り添い、一人一人の子供を大切にする保育」を目指している。

「マリア幼稚園」時代からあるタイル画。新たな保育園児達も優しく見守る。
取材を終えて
同保育園は、不動産会社に売却される予定だった幼稚園の事情を偶然知った高塚様が中心となり、多くの困難を乗り越えて開園されたもの。 幼稚園を改装した園内は、その広さや付帯施設の面で一般の保育園よりも充実している。 また特筆すべきは所属する保育士の多さ。 国の基準では本来15名で良いところを26名+αが所属することで、きめ細かな園児への対応と、安定した休みの取得が可能になっている。 保育士の心身の疲労がリフレッシュされることは保育にもよい影響があり、保護者の安心にもつながるだろう。

主要データ

種別
私立 認可保育園
場所
世田谷区 赤堤3丁目
敷地面積
1,289m2(278 m2)(うち園庭面積)
建物面積
1,044 m2
定員
90名(0歳児~5歳児)
保育士数
26名+α
運営母体
社会福祉法人 京都ルーテル会

著者紹介

関 和幸

千葉県在住のフリーライター。不動産情報サイト「マイナビ賃貸」、横浜・湘南エリアの街情報サイト「はまれぽ.com」などでコラムを連載中。得意な取材分野は「不動産」「法律」「医療」「農業」など。インタビューによる自分史製作会社「わたしの物語」を主宰している。

わたしの物語
http://my-stories.jp/
スポンサードリンク ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
保育園レポート 一覧に戻る

東京23区の小児科保育園幼稚園を検索!休日医療情報も掲載!

パパスマツールズへ