2017.09.29

高齢者施設と併設され、緑豊かな環境に恵まれた「アウル宮前保育園」(杉並区 私立 認可園)

この記事のサマリ

1
都内の保育園としては珍しく開放感があり、園庭には緑が溢れている
2
高齢者施設が併設されており、行事などで高齢者と触れ合う機会も多い
3
施設内には専用の講堂があり、発表会やおゆうぎ会などに活用されている

「東京23区の保育園情報」を調査する、パパスマイルの「見たい知りたい 新設保育園レポート」。本シリーズは本や雑誌、インターネットだけでは入手しにくい、現場への取材で得た「正確で具体的な情報」をお伝えする。

第5回は2017年4月に開園した「アウル宮前保育園」。日々の保育にお忙しい中、副園長の藤原先生と主任の平野先生にご対応いただいた。

※編集部注:取材日は非常に湿度の高い日であったため写真にお見苦しい部分ができてしまった事をお詫びいたします。

アウル宮前保育園の入口。目印となる大きな木がある

周辺環境

同園は広い境内を持つ寺社、高齢者施設、および中学校と隣接している。なお大通りから一本入っているため比較的交通量は少ない。また車道と歩道の間には柵が設置され、明確に分離されている。

目の前には「宮前」という地名の由来である春日神社がある
歩道にはベビーカーや自転車での通行に十分な幅が確保されている

アクセス

保育園入口前に駐輪場があり、安心して子どもを乗り降りさせることができる。なお、自動車での登降園は禁止されている。

保育園入口前は道路から大きくセットバックしている

セキュリティー・耐震性など

入口はオートロック・電子錠となっており、園内外に複数の防犯カメラがある。園舎は3階建てとなっているが、各フロアとも複数の避難経路が確保されており、万一の際の避難は容易と思われた。

3階テラスからの避難用すべり台

施設の特徴

0才〜1才の子どもは畳の部屋、2才〜5才の子どもはフローリングの部屋となっている。また施設全体について、羽田空港などで実績のある抗菌・抗ウイルス特殊コーティング剤「ナスク」を施工している。これはインフルエンザ、ノロウイルス、サルモネラ菌、アシネドバクター、O157などの防疫に効果があると言われている。

同園の医務室には看護師が常駐しており、子どもの急な発熱などにも対応が可能。さらに杉並区では唯一となる病後時保育室を運営しており、他園の園児も受入可能。この他には洗濯室があり、ベッドで使用するシーツなどは園内で毎週洗濯するため、自宅に持ち帰る必要がない。保育園の施設は1階と3階にあり、2階は高齢者施設(グループホーム)となっているが、保育園との出入口は電子錠でロックされており平常時の行き来は不可となっている。

青々とした気持ちのいい園庭
教室エリア。仕切りの棚を動かすと、大広間になる
カーテンロールとブラインド。取材時は昼寝の時間のため閉じられていた
3階にある講堂。運動やイベントなどで使用される
建設会社の好意で作られた壁登り用遊具
屋内に設けられたシャワー室
園内にある医務室
園庭から見た園舎全景。1階と3階が保育園、2階は高齢者施設となっている

食事内容

食育の一環として、園庭で採れた野菜を給食で出している(例:ゴーヤチップス、ミニトマト、カボチャ、キュウリ、枝豆など)。またメニューはその季節の旬の素材を使い、アレルギー対応食も提供している

園内に設けられた調理室
園庭でさまざまな野菜を作り、園児の食育に活用している

保育のスケジュール・行事など

いくつかの行事において、併設されている高齢者施設の入居者に参加してもらっている点が特徴と言える。具体例としては七夕まつり・盆踊りに高齢者が参加し、園児と一緒にヨーヨー釣りなどを楽しんだ。園児、高齢者、保護者のいずれにも大変喜ばれたとのこと。また青森県にある系列保育園から送られたカブトムシの幼虫を飼育し、成虫まで育てる活動も行われている。

<一日のスケジュール例>
7時30分:登園受付開始
9時00分:0〜2才児のおやつ(牛乳、ビスケットなど)
11時00分:昼食
12時00分:お昼寝
15時00分:午後のおやつ
18時30分:保護者のお迎え
19時30分:延長保育終了

この他、年4回の芸術鑑賞会(プロの演奏家を招いて全園児が鑑賞)、月4回の国語教室、週1回の外国人教師による英語教室も行っている。

運営方針・理念

子ども達の最善の幸福のために、人権や主体性を尊重しながら豊かな人間性が育つよう、養護と教育を一体的に実践し愛護に努めている。また、保護者や地域住民の理解と協力を得ながら「開かれた保育園づくり」を目指しているとのこと。

保育目標として「豊かに表現できる子(知育)」「思いやりのある子(徳育)」「元気で丈夫な子(体育)」を掲げ、子どもの健全な心身の発達を図りつつ生涯にわたる人格形成の基礎を培う支援を行っている。

取材を終えて
大きな境内を持つ神社が近隣にあるなど周辺環境に恵まれ、園内も十分な広さと緑豊かな施設だった。施設全体に開放感があり、また高齢者と触れ合う機会もあるなど、子どもの情操教育にとって非常に良い環境だと思われた。
屋上も広く、遊び場として利用できる

主要データ

種別
私立 認可保育園
場所
杉並区 宮前北2丁目
敷地面積
2,551.55m2(403.07m2)(うち園庭面積)
建物面積
2,386.77m2
定員
149名(0歳児〜5歳児)
保育士数
20名
運営母体
社会福祉法人 天寿園会

著者紹介

関 和幸

千葉県在住のフリーライター。不動産情報サイト「マイナビ賃貸」、横浜・湘南エリアの街情報サイト「はまれぽ.com」などでコラムを連載中。得意な取材分野は「不動産」「法律」「医療」「農業」など。インタビューによる自分史製作会社「わたしの物語」を主宰している。

わたしの物語
http://my-stories.jp/
スポンサードリンク ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
保育園レポート 一覧に戻る

東京23区の小児科保育園幼稚園を検索!休日医療情報も掲載!

パパスマツールズへ